HOME > レイアウト調整機能について-基本操作について


イアウト調整機能について-基本操作について


編集について

編集

編集領域(用紙エリア)に配置されているアイテムを、移動・コピー・削除したり、サイズを変更したりすることを「編集」と言います。
編集に失敗したときは1手順ずつ元に戻す(アンドゥ)こともできます。


操作の取り消し・やり直し

■1つ戻す(アンドゥ)
操作の取り消し・やり直し

[1つ戻す]ボタンを押すと、直前の編集が取り消され、1つ前の状態に戻ります。

キーボードの[Ctrl]+[Z]キーを押しても同じです。

■1つ進む
アンドゥによって戻しすぎた場合は、[1つ進む]ボタンを押して先の状態に進むことができます。

■始めから
これまでの操作をすべて取り消して、レイアウト調整開始直後の状態に戻したいときは、[始めから]ボタンを押します。確認メッセージが表示されるので[はい]ボタンを押します。


アイテムの選択

編集(移動や削除など)を行うには、対象のアイテムを選択します。

■アイテムをひとつ選択
アイテムの選択

アイテムを一つだけ選択するときは、そのアイテムをクリックします。 選択されたアイテムの周囲には、サイズ変更と回転のためのつまみが表示されます。


■アイテムを複数選択
アイテムの選択

左上の[選択]ボタンを押します。
選択ツールが選択された状態になります。

選択したいアイテムがすべて囲まれるように、編集領域上をドラッグします。 アイテムがまとめて選択されました。

再び個別に選択したいときは、一度編集領域の別な場所をクリックして選択を解除してください。

選択したアイテムをグループ化して、常に1個のアイテムとしてふるまうようにまとめてしまうこともできます。 複数選択された範囲で右クリックし、「グループ化」を選択してください。

■アイテムをすべて選択
キーボードの[Ctrl]+[A]キーを押すと、編集領域のアイテムをすべて選択することができます。

■アイテムの選択を解除
編集領域上の何もない場所をクリックすると、選択が解除されます。

アイテムの移動

■ドラッグして移動
アイテムの移動

移動したいアイテムを選択し、移動先までドラッグします。

[Shift]キーを押しながらドラッグすると、アイテムの移動方向が水平または垂直方向に固定され、まっすぐに移動しやすくなります。
[Ctrl]キーを押しながらドラッグすると、移動元にもアイテムが残り、複製ができます。

■キーボードで移動
キーボードの矢印キーを押すと、選択されたアイテムをその方向に少しずつ移動することができます。

■数値を入力して移動
画面左下の「左から」「上から」入力欄に、編集領域の左上からアイテムの左上までの距離を入力し、[移動]ボタンを押します。マイナスの数値を入力すると、逆方向に移動します。


BOTTOM
ページの先頭へ